kawakubo.jpg川久保 賜紀(ヴァイオリン) Tamaki Kawakubo
  2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位入賞(1位なしの2位)。同時に、ロシア作曲家協会による「現代音楽の優れた演奏に対する特別賞」受賞。2001年サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクール優勝。2004年、出光音楽賞を受賞。・・・続きプロフィール全文
English profile

Photo:Syuji Tonoki

2008年12月07日

ディスコグラフィー

avcl25140.jpg 【収録曲】ガーシュウィン/ハイフェッツ編曲ポーギーとベスより  
1. サマー・タイム 
2. うちの人は行ってしまった 
3. ベスよ、お前はおれのもの 
4. そんなことはどうでもいいさショスタコーヴィチ/ツィガーノフ編曲 4つのプレリュード  
5. 第1曲 
6. 第2曲 
7. 第3曲 
8. 第4曲サン=サーンス  
9. 序奏とロンド・カプリチオーソチャイコフスキー  
10. メロディサラサーテ 
11. バスク奇想曲ショーソン  
12. 詩曲ドビュッシー  
13. 月の光(ベルガマスク組曲より)

[演奏] 川久保賜紀(ヴァイオリン) イタマール・ゴラン(ピアノ)
[録音] 2006年10月22日〜25日 ベルリン、テルデックス・スタジオ
2007年5月23日発売
価格:3,000円(税込)AVCL-25140 ♪ avex - CLASSICSのページへ ♪

2007年6月20日発売の「レコード芸術」7月号で「特選盤」に選ばれました。
posted by JapanArts at 14:51| ディスコグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

プロフィール

kawakubo.jpg川久保賜紀(ヴァイオリン) Tamaki Kawakubo

 2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位入賞(1位なしの2位)。同時に、ロシア作曲家協会による「現代音楽の優れた演奏に対する特別賞」受賞。2001年サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクール優勝。2004年、出光音楽賞を受賞。
 5歳の時にヴァイオリンを始める。R.リプセット、D.ディレイ、川崎雅夫、Z.ブロンの各氏に師事。ロサンジェルス・フィル、デトロイト響、ヒューストン響、シンシナティ響、ボルティモア響、サンフランシスコ響、クリーヴランド管など主要な北米オーケストラと共演し、幼少時より豊富なステージ経験を積む。ラヴィニア音楽祭では芸術監督のエッシェンバッハと共演。テレビ出演の機会も多く、1994年にはジョン・ウイリアムズ指揮ボストン・ポップス・オーケストラとの共演の模様が全米に放映され注目を集めた。
 近年はファビオ・ルイジ指揮ライプツィヒ放響、サンクトペテルブルグ響ほか、リトアニア、ドイツ、イタリア、スウェーデンなどヨーロッパにも活躍の場を広げる。日本へは97年、チョン・ミョンフン指揮アジア・フィルのソリストとして初来日。同年、ニューヨークのモーストリー・モーツァルト・フェスティバル・オーケストラとのツアーで再来日し、その年の演奏活動に対して、リンカーンセンターより、エヴリー・フィッシャー賞を受賞。以後、日本の主要オーケストラと共演を重ねる他、インバル指揮ベルリン響、K.ヤルヴィ指揮ウィーン・トーンキュンストラー管、フェドセーエフ指揮モスクワ放響、プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管などの日本公演のソリストに迎えられ、高度な技術と作品の品位を尊ぶ深い音楽性に高い評価を得ている。
 CDはエイベックス・クラシックスよりリリースされており、「リサイタル!」は『レコード芸術』の特選盤に選ばれた。また、室内楽にも積極的に取り組み、ヴィヴァルディ「四季」や遠藤真理、三浦友理枝とのトリオにおいてもCD「RAVEL」がリリースされ反響をよんでいる。ベルリン在住。
オフィシャルホームページ:http://www.tamaki-kawakubo.com/

posted by JapanArts at 11:40| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

Tamaki Kawakubo Profile

kawakubo.jpgTamaki Kawakubo (Violin)
Silver medalist of the 2002 International Tchaikovsky Competition and the first-prize winner of the 2001 Pablo Sarasate International Violin Competition, virtuoso violinist Tamaki Kawakubo is a veteran of the concert stage.  She has quickly established herself as a formidable artist possessing a masterful technique and a tone that “ranges from velvety soft to gripping drama”.  She has performed with such leading orchestras as the Los Angeles Philharmonic, Rochester Philharmonic, Naples Philharmonic and the Detroit, Houston, Forth Worth, Cincinnati, Toledo, Quebec, Baltimore, New York Chamber, San Francisco, Syracuse, North Carolina, Greensboro, Tucson, San Diego, Tacoma, Spokane, Honolulu and Winnipeg Symphonies.  After a highly successful collaboration with Michael Tilson Thomas and the New World Symphony in 2001-02, Miss Kawakubo began her 2002-03 season in the United States with the San Francisco Symphony and Michael Tilson Thomas in its opening concerts.  She also returned to the El Paso and Colonial (NJ) symphonies and collaborated with Larry Rachieff and Symphony II in Chicago.  Other engagements include performances with the Berlin Sinfonie Orchestra under E. Inbal and the MDR Sinfonie Orchestra under Fabio Luisi.  She also performed numerous recitals in Spain, Germany, Lithuania, Sweden, Russia and Japan.Miss Kawakubo’s 2000-01 season in the United States included appearances with the Pacific, Seattle, Hilton Head (SC) and Indianapolis symphonies, the Fresno Philharmonie and a recital at the Cummer Art Gallery in Jacksonville, Florida.  Additionally, Miss Kawakubo performed the Chaconne from John Corigliano’s soundtrack to the film The Red Violin with the EOS Orchestra at New York’s Lehman Center, with the composer in attendance.  In Summer 2001, She appeared in recital in Guatemala City and Angigua, Guatemala under the auspices of the Japanese Embassy in Guatemala and returned again in summer 2002. 
Tamaki Kawakubo’s 2002-2005 seasons have included performances in Japan with its leading orchestras such as the Yomiuri Symphony Orchestra, Sapporo Symphony, Tokyo Symphony, Tokyo Metropolitan Symphony, Kyushu Symphony, Kyoto Symphony, Kanazawa Ensemble and Hiroshima Symphony.  In 2003, Miss Kawakubo’s debut CD of concertos by Mendelssohn and Tchaikovsky was released by Avex Classics.
Previous summers were highlighted by Miss Kawakubo’s chamber music collaboration with Christoph Eschenbach at Germany’s Schleswig-Holstein Festival.  She performed with Maestro Eschenbach at Chicago’s Ravinia Festival where she had appeared previously in recital on the festival’s prestigious “Rising Stars” series.  The Chicago Tribune wrote, “She played with great poise and assurance, molding her big sound to Eschenbach’s athletic pianism in an unfailingly musical manner.”  In recent summers she has appeared at the Blossom Music Festival with the Cleveland Orchestra under the direction of Jahja Ling, at New York’s Mostly Mozart Festival; toured japan as soloist with the Mostly Mozart Festival Orchestra with Gerard Schwarz Condicting; and appeared with the Boston Pops and John Williams. 

In addition to her career as soloist, she enjoys chamber music and has performed at the Ulverston International Chamber Music Festival, in Cyprus and in Moscow.  She is also featured on the soundtrack for the new cartoon series “Little Amadeus” which is broadcast in Germany (KiKa), (ARD) and in Europe.
In May 2007, her second CD album “Recital!” was released and has been recommended by many music magazines.

Winner of a 1997 Avery Fisher Career Grant, Miss Kawakubo began her violin studies at the age of five in Los Angeles.  She studied with Robert Lipsett at the R.D. Colburn school of Performing Arts in Los Angeles and with Dorothy Delay and Masao Kawasaki at the Julliard School.  She recently completed her studies with Zakhar Bron at the Hochschule for Music in Zurich.
posted by JapanArts at 11:50| English Profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。